トップページ | 2016 | 2017 |2018|
 2018年4月~6月 2018年7月~9月 2018年10月~12月 2019年1月~3月

4月16日 第1回・イボニシ捕獲大作戦!
午前中、来月末に控えた「貝紫染め体験」のために、イボニシ捕獲大作戦(第一回)!を敢行!
今年は潮に恵まれず、例年より早い大作戦開始となりました。

室浜へいざ出発!
張り切って海へ向かい、岩場の陰を探すも…採るには忍びないミニサイズばかり。
月浜へ場所を移動することになりました。

実はここからがサバイバルっ!
岩場を乗り越えて行かねばなりません。
私は何度リタイアしかけたことか。。。(しまいには左足がずぶ濡れに!)
 

ようやくイボニシが生息する場所へ辿り着くも、やはりここも小さく数も見当たりません。
泣く泣く今日は帰ることに。ここまで大変だったのに!
(もちろん帰りも大騒ぎ。)

今日の成果はたった300g。染物をするにはまだまだ足りません。
どこに行ったーー!イボニシ!


村役場職員T

月浜岩場の入口。このずーーーっと奥です。

出遅れる村役場職員Tを、Sが激写。(つまりは結構高い位置にいるってことです。奥に見えるのが海。)

サバイバルだった割りに。。。
 

 4月14日 はじめての土器作り
こんにちは!GWが迫るなか、土器作りを体験させていただきました。
粘土が思っていたよりもやわらかく、形を成形しやすかったです。ひび割れが気になっていたのですが、「最後に磨きをかけるので多少のひび割れは気にしなくても大丈夫!」ということで、安心して作り上げることができました。

残った粘土でイノシシの土鈴も作成♪見本に近づけるようにがんばりました。しっぽと耳がとれやすく、苦戦を強いられましたがなんとか完成。焼きあがるのが楽しみです。

村役場職員 K
 
   


4月13日 宮戸の花盛り
こんにちは。今日は風は強いですが、陽射しはぽかぽかと暖かいですね♪
昨日からGWイベントに向けて、PR活動に勤しんで
いるスタッフ一同。
今日は宮戸島内の民宿をまわって来ました。
里浜貝塚畑中地点に差し掛かったところ…
一面の菜の花が!

今はまだ見頃には早そう…。
GWくらいにはちょうど満開になるのではないでしょうか?
ヤマザクラに菜の花、5月には藤の花も♪
宮戸島の春、開幕です!

縄文村も来週から小学校の遠足やイベントなど、
忙しい時期。
菜の花畑をバックに、集合写真やご家族での記念
撮影などはいかがでしょうか?笑
お待ちしています!

村役場職員A

4月12日 ヤマザクラが咲きました。

 
おはようございます。
休館日から一日開け、出勤してみたら…
大高森入口のヤマザクラが見頃を迎えていました!!今年は早い!

この木は、「2011本ヤマザクラプロジェクト」で育てている苗たちのお母さん。この木から種を取っているのです。
今週末はお天気が崩れそうなので、キレイに見られるのは、ここ2日ほどになりそう。
お近くの方はぜひ見にいらしてください。

村役場職員T

 4月10日 はじめまして
  おはようございます。
資料館の敷地内で様々な花が咲き始め、花粉症だけでなく、視覚からも春を感じています。

4月になり新年度が始まりましたが、縄文村は人事異動がなく昨年度と同じメンバーです。

市役所の生涯学習課に所属している縄文村に、 今年度から生涯学習課に配属された派遣職員さんが見学に来てくれました。
里浜貝塚が日本最大級の貝塚であることなどを知っていただきたく、館長自ら解説をしていました。
中庭に置いてあるヤマザクラの様子を見に…!?
紫色の何かが!???!!!!

よく見てみると、紫色の花でした。
花の名は?
(某名作映画のタイトルみたい…)

知っている方、ぜひ縄文村に教えに来てください。
 
   新年度になったら公開しようと温めていた出来事が!!
ついに、縄文村が多言語対応の資料館になりました。
日本語の解説パネルのほかに、英語、中国語、韓国語に対応します(スタッフはまだまだ日本語オンリーです…汗)
より多くの方に資料館に来ていただき、里浜貝塚や、縄文時代を知っていただけたらいいな~と思っています。


縄文村2年目、今年も全力で頑張ります☆
村役場職員S


4月9日  カキ養殖体験 第1回目!
 4月8日に「カキ養殖体験(種付け)」が行われました。イベント開催数時間前には雨が降っており、雨の中でのイベント開催になるのか・・・。と思いきや、晴れましたっ!!
 最初に、当資料館の学芸員から「縄文人とカキ」の縄文講座が行われ、縄文時代からカキが食べられていたことや使われていた道具、里浜貝塚が日本最大級の貝塚であることなど、様々なことを学びました。
 暖かい日差しの中、地元の漁師さんからカキに関する様々な講習を受け、いざ種付け作業へ。
 リピーターの方が多いため、手早く作業が進み、予定していた時間よりも早く種付け作業が終わりました。
 その後、船に乗ってカキを海に吊るす作業の見学も行われました。この日吊るしたカキは、半年後に収穫します。
 どのような成長を遂げるか楽しみですね♪
   
















トップページ  このページの上へ